なちゅぶろ。

管理人の萌えとか日常とか。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

オサコレから帰還!

いやーもう幸せで何も言えねぇ‥(涙目)
オサコレ参加者様、スタッフの方々、何より主催者の195さん、本当にお疲れ様でしたそして生きるエネルギーをありがとうございました!!
 
comments(0) | trackbacks(0)

オサコレ前にアンヂェラス詣で

comments(0) | trackbacks(0)

オサコレ

一年ぶりですが、これだけは言いたかった。
オサコレ、行きます。
楽しみすぎてたぎる
 
comments(0) | trackbacks(0)

ああ…

手塚先生、命削りながらファンに作品遺してくれたんやなぁって、ドラマで見ると更に感慨深かった。泣けて仕方ない…。
私も、がむしゃらにがんばろう。
comments(0) | trackbacks(0)

キリコが…

キリコが不治の病の女性に恋する話し、読みたすぎる!!描いてー!せんせー描いてーっ!
comments(0) | trackbacks(0)

ブラックジャック制作秘話

みてるー!やばいドキドキするー!せんせーっ!
comments(0) | trackbacks(0)

い、生きてます…!

何回かパソコンから書き込んだものの何故か反映されずすごい間があいておりました…生きてます!
(首の皮一枚つながって)国家試験合格し、4月から働いとります。病院に三泊とかしてた夏も終わり、時間的には余裕のある科に移ってきました。来月までは少しゆっくりできそう。
もーオタから離れたくないのに、時間がなさすぎてイベント(と言う名の命の泉)にも行けてません(涙)
遊びたいー誰かー!手塚語りしてー!

また、時間みて書きにくるのでどうか一つ(土下座)
comments(0) | trackbacks(0)

い、生きてる・・・

 もう消息不明すぎてすみません・・・生きてます。生きてはたらいてます。
手塚情報から遠ざかり、寂しい日々ですが聴診器にはピノコをつけて仕事してるですよー。
また書き込みに来るので、ときどーき見てやってください。
comments(0) | trackbacks(0)

同人誌整理

国家試験も終わり(結果はまだ…)、ついに手塚同人誌の整理に手を付けだしたのですが、
多すぎるわ、どうしても読んでしまいって進まないわ、どれもこれも思い入れと思い出だらけだわで、まー…。
あと分別しているうち、キリジャキリのエロが行き先を迷ってしまう…。どなたか愛でて下さる方はおりませぬか…。

いずれにせよ、ちょい前にブームがきた『手にとってときめくかで取捨選択する』ってのは、同人誌について言えば全くムリ。勢いの断捨離しかムリよこれ。
comments(0) | trackbacks(0)

あかん、泣きそう。

 どうしよう・・・もう、胸が熱いと言うのか痛いと言うのか、嬉しいんだか申し訳ないんだか・・・

もう永らくブログも書いてなかったし、ひっそりつぶやいたところで反応無いかな―と思っていたら、直接ご連絡下さった方に加え、自分がやってないツイッターでも、下の件について告知に協力して下さってる方々がいることを先ほど気付き、あまりのことに(本当に、本当に良い意味で)胸が詰まりました。
しかも、お一人には直接同人もらって頂けませんかメールをだした直後に知ったので、却って失礼にあたったのではと、気を揉んでしまうのですが、ちょっと気を落ち着けて、ここに想いのたけを書きにまいりました。無駄に長いです。興味のない方はスルーして下さいね。


私あまりうつうつとしたことをネットに書かかないように、自重してきた「つもり」なんですが(読む方の気持ちを慮って、というよりも、自己嫌悪が怖いからという理由)、ちょっと・・・いや、かなり分かりにくい独白になりますが、ぽつぽつ思うことを吐き出してみたいと思います。でも、念のため申し上げますが、決して今鬱だーとかどん底だーだという状況ではありません。低空飛行ながら、上向きになるにはどうしたらいいか模索していると言ったほうが適切な感じかなー。まぁ。まぁ元気です。うん。

最近自分について深く考えることが多かったところに持ってきて、身辺整理のために自分の同人誌とか、果ては昔のアルバム、卒業文集なんかを通して、「昔の自分」「これまでの自分」に、期せずして「出会う」ことがあったんですよね。
私昔から一回モノにはまるととことんタイプで、それは漫画とかでもそうだし、アイドルにはまってもそうだし、人間関係でもそうでした。でも、もちろんその「対象」を大好きだから関連する何かを収集する行動につながるわけですが、時々度を過ぎたそれは、むしろ自分の「埋まらない空虚感」をなんとか埋めようとする表れだったのかなと思うようになりました。
でも、身辺整理で出てきた、「その当時の私」が集めに集め、必死で自分を埋めようとしたそれらは、愛おしい遺産でもありながら、何と言うのか、自分の「垢」のようにも思えました。ある意味、自分をそれらで「埋めていた」わけなので、「自分の一部」という表現でも当てはまるだろうけど、若干ネガティブにいえば、「垢」。

私は、ものすごい劣等感のカタマリでした。今も、ずっとその感覚には苦しむ時間が長いです。絵とかだけでなく、おそらく「自分」に関するほぼ全てのことに。でも、劣等感と優越感は、ものすごくいびつに入り混じって、ゆがんだ自己愛として表出される。自分でもわけのわからない「自分」がいて、全然日常生活普通に出来てるし、メンタル病んで薬が必要だーなんてこともなく過ごしては来ましたが、やっぱり脆弱な自我では自分を愛したり支えたりしきれなくなる時が来るんですよね。

今色々考えてる最中で、全く支離滅裂な文章ですが、なんだろう、でもこういう「自我の弱さ、ゆがんだ自己愛、求め続ける他人からの承認」みたいなものは、生活のいたるところで表面化してくる。
例えば、手塚漫画で、どうしてあの作品にこんなに共感してしまうんだろう、というところとか、どうしてあのカプが好きなんだろう、とか、そんなことでさえ、ちょっと深く自己分析すると、結局「自分が求めている何か」がそこにあったりするからだったりしませんか。
数年前に自分が描いた漫画や文章で、あの時はうまくまとまりきらず、一体何が「表現」したいコトだったのか自分でもわかんねーなと思ってた作品が、今読み返すと、拙くても、絵が下手でも、ああ一生懸命言おう、伝えよう、求めようとしていたことは、「こういうコト」なんだね、きっとこのセリフは誰かに自分が言われたいことの表れだったんじゃないのかなと、自分で自分を理解できる気がしました。

今回の記事のまとめにもならない、だから何なんだ的自己完結は承知で、言いたいことを言ってしまうと、
だんだん、自分を好きになろう、認めてあげようという気持ちになってきたんですね、最近。
昔の絵や作品は、やっぱり拙いけど、でも自分でもわかる「作品への愛」や「自己表現の渇望」があふれている。なんだろう、それを「愛おしい」と、ほんの少しでも思えるようになった、あるいは「愛おしい」と思う自分を、ナルシシストだとか自己満足だとか、ネガティブに否定するのではなく、「私らしくてえーんちゃうん」と思えるように、少しずつなってきたという感じでしょうか。
それを「同人」という「自分の一部分」だけでなく、もっと全体としての「自分」にも広げていけたらいいなぁと思う今日このごろです。

今、物理的な身辺整理を通して、昔の自分と出会ったり、過去を清算したりしていますが、これって、全然後ろ向きな事じゃなくて、むしろ前を向いて行くために必要なことなんですね。ずっと「溜めて」「捨てられずに」「しがみついて」きたことの方が不健康だったかも。物を整理して、心が豊かになるならいいことじゃないかー。


つけたしみたいになことですが、「ちょっと前の私」が描いたイラストとかも発掘されてきたので、そういうのは「ええやん」と思うものだけでもサルベージして、時間のある時にサイトに上げていきます。
本当に自分の絵なんてきらいだーへただーと思っていたし、今も絵の上手い下手、ネタの善し悪しには全然「自信」ないです。でもまぁ、それでも、「自分の一部」だし、それを見て喜んで下さる方も少しでもいるのかなーと思えば、無駄に卑屈になってうつうつする必要なんて、ないよね。ちょっと開き直って、そう思うようにしていきたいです。

自分を自分で「適切に」愛せる能力っていうのは、生まれた時から持ってるもんじゃないんですって。でも、それを身につけてこれなかったなぁと気付いたら、その時点から「訓練」で身につけていけるものらしい。そして、その能力があればこそ、他人との関わり方も「適切」になっていくんだと。うーん、長い道のりになりそうだけど、色々試行錯誤しながら、頑張っていくぞー。



comments(0) | trackbacks(0)
| 1/10PAGES | >>
朝食付きルーム検索